一般的にリフォームとは古くなった建物を新築の時と同じ状態に戻すことを指し、水回りの設備の変更や外壁の張り替え、外装の塗り直しなどがリフォームにあたります。最近では、古い建物の良さを活かしつつ、電気やガスといった配管から、間取りや室内の設備まですべてを刷新して、新築以上に性能を向上させるリノベーションも人気となっていますが、リノベーションとは違い、ユニットバスやシステムキッチンの入れ替えといった設備の変更や、屋根の張り替え・外壁の塗り直しといった外装の修繕など一部分のみを変更・修繕するリフォームは、リノベーションと比べて工事の規模が小さく、短期間で工事を終わらせることができたり、建物の間取りを変えるなどの大掛かりな工事ではないため費用も安く抑えることができるという特徴があります。そんなリフォームは一戸建てでしかできないイメージを持つ人も多いですが、マンションやアパートでも行うことは可能です。

マンションをリフォームする際のデメリット

賃貸マンションであっても長く住んでいると、設備が老朽化したり、故障することがあり、より快適な暮らしを望むならリフォームもおすすめですが、リフォームにはデメリットもあるため、マンションのリフォームを検討している場合はデメリットについても知っておく必要があるといえるでしょう。例えば、リフォームは建物内の設備を新しくすることはできるものの、建物がもともと持っている機能自体は改善することはなく、たとえ設備が新しくなっても、建物自体の耐震性も変わらないため、築年数が古くて耐震性にも不安がある場合は、リフォームより建て替えやリノベーションを検討した方がいいといえます。また、リノベーションと比べて工事の規模が小さいリフォームですが、建物の一部のみを変更・補修するため、ほかの部分を傷つけないよう丁寧に作業を行わなければならないため、コストパフォーマンスがあまりよくないというデメリットもあります。

マンションをリフォームする際に注意しなければならないポイント

マンションに住んでいる場合でもリフォームをすることはできますが、一戸建てと違ってマンションは複数の世帯でひとつの建物を所有しているため、リフォームする際にはいくつか注意しなければならない点があります。中でも、共用部分と専有部分に分かれているマンションの場合、リフォーム可能な場所は専有部分だけになっているため、階段や廊下をはじめ、玄関ドアやバルコニー、サッシなどの共用部分は自由にリフォームしてはいけません。また、マンションをリフォームする際には管理規約に基づいて行う必要があり、リフォームを検討している場合は事前にマンションの管理組合に相談してからリフォームを行うことも重要です。その他にも、リフォームというとユニットバスやシステムキッチンといった水回りを中心に行うケースが多いですが、水回りの大きな位置変更は規約が生じる場合もあるため、水回りのリフォームをする場合は注意が特に必要です。

仙台支店の住所は、宮城県仙台市宮城野区萩野町1-16-10m宮城野原駅より徒歩10分です。 水まわりの緊急トラブル、24時間365日受付対応しております。 30年以上にわたり新築工事における給排水衛生設備工事・空調換気設備工事に取組んできました。 地域行事への参加、地域の清掃活動を定期的に実施しています。 マンションのリフォームなら一流の積水工業株式会社で